チャートの検証

このチャートで仕掛けたら損します!

PVアクセスランキング にほんブログ村

サヤトレのペア銘柄は、何を見て選んでいるのか?
それはチャートです。
6月25日にも参考になることを書いている)

条件設定して抽出されるペアはチャートの形がいろいろ。
避けた方がいいチャートの特徴を挙げていきたい。

1.右肩上がりのチャート

↓6月26日(火)に仕掛けて損切りした事例。

赤矢印は仕掛けポイント。
サヤ移動平均線は、8か月ほど前からまっすぐに進んでいるのは、理想的だ。
だが、移動平均線の向きは、右肩上がりだ。
株式サヤ取りのチャートは、下に進むほど利益が出る。
では、右肩上がりは利益が期待できないのか?
このチャートがでは、+2σから下にどんどん進んだのが何回かある。
利益が出る仕掛けポイントはある。
今回、仕掛けを決めた時は、チャートが下に折り返してチャンス到来に見えた。
6月26日の記事をご覧ください)
その後+2σを突き抜けて決済基準を超えたので、運が悪かっただけにも見える。
しかし、右肩上がりチャートは、
「上に進みやすい不利なチャート」+「予想外の動き」と二つのリスクがあるので、
損につながりやすいチャートであると言えよう。

2.直近の振れ幅が大きいチャート

↓2月21日に仕掛けた、ニチレイ・フジクラ。

この1年チャートは、サヤ移動平均線がまっすぐで右下に流れている。
これだけなら合格だが、仕掛40日ほど前に下に大きく動き、そして大きく上昇。
2月20日は下に切り返したので、エントリーした。
21日に小さく上に向き、1週間ほど小さく上下動。
そしてどんどん右上に進んで損切りに。
↓その後(7月13日時点)はこのように。

(縦の青い線は、仕掛けポイントになった2月20日)
仕掛け前にそれまでのチャートの振れ幅から大きく動いた場合、
さらに期待しない方向へ大きくそれやすい。

3.うねりが大きいチャート

↓仕掛けを見送った、富士フィルム・日本郵船の1年チャート。

チャートの過去をさかのぼれば、いつ仕掛ければ利益が出たか分かるが、
その時々では、とらえどころがない。
決算発表と関係なく不規則な動きをしている。
↓2年チャートで見ると、よりはっきりする。

公開ペアの決済基準は、
損益率が±5%か保有期間が15営業日のどちらかに達した場合を基本にしている。

「高機能版サヤトレ」でサヤ取りペアを抽出している。
当ブログ経由(高機能版サヤトレ お得な申込み入口)でお得な入会ができる
次のステップ「サヤトレLS(ロングショート)」も、
このブログ(上級者向け サヤトレLS お得な申込み入口)から入会サービスがある。

↓参考になる投資ブログがならんでいる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連記事

  1. チャートの検証

    さや取りくんの利確チャートを検証

    以前、サヤ取りソフトは株式会社トライアングルズの「サヤ取りくん…

  2. サヤ取りペアの状況

    このチャ-ト見落とした!(本日3組決済)

    日経平均、昨日の300円下落から今日は113円上昇。相場の…

  3. チャートの検証

    右肩上がりのチャートはダメ?(15営業日を終えて)

    「右肩上がりのチャートはダメ?」の4組、仕掛けてはいないが…

  4. チャートの検証

    右肩上がりのチャートを検証…損するのか?

    昨日の「右肩上がりのチャートはダメ?」で紹介した3組のチャート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP