イオンディライトとクリークアンドリバー社のサヤ取りチャート

サヤ取りペアの状況

クリーク・アンド・リバー社に注目した

PVアクセスランキング にほんブログ村

保有ペアの状況が気になった。

売9787 イオンディライト(損益率 -0.48%) 
買4763 クリーク・アンド・リバー社(損益率 -1.89%)

今日の日経平均は248円の上昇。
売銘柄がマイナスなのは仕方がない。
買銘柄が値を下げ続けているので調べてみた。
銘柄のニュース、今月に入ってからは何もない。
サヤトレでは「C&R」と略されている。
クリーク・アンド・リバー社。
勉強不足でまったく知らない会社だ。

以下、ウェブサイトから引用した社名の由来。

今から30年ほど前にさかのぼります。

当時、社長の井川がTVディレクターとして、飢えと貧困の代名詞となっていたアフリカの村落を取材した時のことです。土地は肥沃なのに、なぜみんなが飢えに苦しんでいるのか。作物を育てるノウハウがあれば解決できるのに、なぜそれができないのか。その滞在していた村を去る前日、そこから50キロも離れていないところに水路が整備され、作物が生い茂る肥沃な土地がありました。しかし、それは貧困の村まで届かず、利権の対象となっているとのことでした。

この現実は、ドキュメンタリストとしてメディアを通じ、この村の惨状を世界中の人へ問題提起することが、やがて村落の人たちを救えると信じていた井川の考えを根底から変えました。「そこに住んでいる人がいたら、自分の手を差し伸べたい」。人として当たり前の行為を、間接的に行うか、直接的に行うか。悩み抜いていくうちに、ドキュメンタリストとしての限界が見えました。

わずか2週間ほどの滞在でしたが、いざ帰ろうとするときに、子供たちが泣きながら抱きついてくる。スタッフ全員が後ろ髪を引かれる思いで、ロケ車に乗り込んだとき、自分の無力さを痛感しました。この子たちを助けるために自分にできることは、メディアに問うことよりも、そこに川を造り、水路をつくり、作物を育てるノウハウを提供することではないのか・・・。

クリーク・アンド・リバー社の社名は、この強烈な想いから名付けられました。

人が困っていれば、自分のできることから直接動いていきたい。クリーク・アンド・リバー社の事業活動が世界規模になるにつれ、そのコンセプトが大きなパワーとなって、人の心の中に生き続ける。そして、日本だけではなく、世界の人々の笑顔を生み出す願いを込めた社名です。

以上、情熱にあふれた内容を拝読して、感じるところがあった。
株式サヤ取りには、直接関係ないかもしれない。
でも、志が高い会社で応援したくなる。
株式会社サヤトレは、投資家に役立ちたいという思いで創業されている。
共通点があるように思った。

「高機能版サヤトレ」でサヤ取りペアを抽出している。
当ブログ経由(高機能版サヤトレ お得な申込み入口)でお得な入会ができる
次のステップ「サヤトレLS(ロングショート)」も、
このブログ(上級者向け サヤトレLS お得な申込み入口)から入会サービスがある。

↓参考になる投資ブログがならんでいる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

イオンディライトとクリークアンドリバー社のサヤ取りチャート日経平均マイナス344円!サヤ取りペア1組利確と1組仕掛!前のページ

米中間選挙前にサヤ取りペア2組追加!次のページビックカメラとフジコーポレーションのサヤ取りチャート

関連記事

  1. 日経ベア2と日経インバースのサヤ取りチャート

    サヤ取りペアの状況

    サヤ取り投資は5連休前でもエントリー

    ゴールデンウィーク5連休前日、5月最初の日経平均株価は、576円安の1…

  2. サヤ取りペアの状況

    9月5回目のサヤ取り仕掛はマイナスに

    昨日の予告通り、4587ペプチドリーム/4911資生堂を仕掛けた。…

  3. サヤ取り

    サヤ取りペアの状況

    6月初めてのサヤ取り損切りペアが出る

    6月はじめての損切りペアが出た。どんな損益率で決済できるかだが、ト…

  4. サヤ取りペアの状況

    本業とサヤ取りを両立して利益確定

    応援クリックをお願いします⇛今日、1組を利確し、2組を仕掛けた…

  5. サヤ取りペアの状況

    どこまで続くサヤ取り利確の日々…

    日経平均が下落でも上昇でも、サヤ取りは仕掛けと決済を繰り返して利益を追…

  6. サヤ取りペアの状況

    日経平均20,000円割れが現実味を…サヤ取り投資は安心

    日経平均終値は、前日から595円安の20,392円。12月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

サイト内検索

最近の記事

PAGE TOP